AX

電霊ログ

私のやってるサイト、電子の言霊の活動ログ

カテゴリークラウド

タグリスト

最近のトラックバック

月別アーカイブ(タブ)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [HSP超入門] 条件分岐6

前回、ブレースを使って if が満たされた時の処理をずーっと書いて行けると説明しましたが、 else でも同じようにブレースを使って書く事が出来ます。
早速見てみましょう。
	a=1
	if a=1	{
		mes "変数 a は1ですヨ"
	} else {
		mes "変数 a は1ではありませんゾ"
	}

まず if { } が必要なので最初に書きます、そしてすぐに else { } と続けて書きます
前にやった事ばかりなので難しい事は無いと思います。
心配なのは書き方の許容範囲でしょう。たとえば、
	a=1
	if a=1	{
		mes "変数 a は1ですヨ"
	}
	else {
		mes "変数 a は1ではありませんゾ"
	}

これはOKですが、
	a=1
	if a=1	{
		mes "変数 a は1ですヨ"
	}

	else {
		mes "変数 a は1ではありませんゾ"
	}
 
はエラーが出ます。これはHSPの仕様なので覚えておきましょう。
他にもこう言う書き方も出来ます。
	a=1
	if a=1	{ mes "変数 a は1ですヨ" } else { mes "変数 a は1ではありませんゾ" }

	a=1
	if a=1	{ mes "変数 a は1ですヨ" }
	else	{ mes "変数 a は1ではありませんゾ" }

	a=1
	if a=1	{ mes "変数 a は1ですヨ"} else 	:mes "変数 a は1ではありませんゾ"

	a=1
	if a=1	{
		mes "変数 a は1ですヨ"
	} else : mes "変数 a は1ではありませんゾ"

	a=1
	if a=1	: mes "変数 a は1ですヨ"	: else { mes "変数 a は1ではありませんゾ" }

	a=1
	if a=1	:mes "変数 a は1ですヨ" :else {
		mes "変数 a は1ではありませんゾ"
	}

他にも書こうと思えば、
	a=1
	if a=1	{ mes "変数 a は1ですヨ"
	} else {
		mes "変数 a は1ではありませんゾ" }

など、HSPのルールの中でなら好きなように書けてしまいますが、
やはりプログラムが読みにくくなるので、注意してくださいね。
あと、改行もブレース内なら自由に入れる事が出来ます。
適度に入れる事で見やすくなりますがここもやりすぎに注意ですよ!
どう書けば見やすくなるか研究してみて下さい。
	a=1
	if a=1	{


		mes "変数 a は1ですヨ"

	} else {

		mes "変数 a は1ではありませんゾ



	}

苦手意識を持たせない様にと、前回「ブレースを積極的に使ってね!」と言いましたが、
使わない方が 良く出来る時は無理に使う必要はないですよ!
では今回はここまで。
関連記事

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。