AX

電霊ログ

私のやってるサイト、電子の言霊の活動ログ

カテゴリークラウド

タグリスト

最近のトラックバック

月別アーカイブ(タブ)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [HSP超入門] 文字表示1

今回は第一回と言う事で、ウィンドウに文字を表示してみましょう。
HSP にとって文字の表示は もっとも簡単な事の1つで よく使う命令でもあるのでしっかり覚えておきましょう。
では前回入手したHSPのエディター hsed3 を起動して、次のプログラムを入力してください。

mes "文字を表示したよ!(>v<)"

入力出来たら、さっそく実行してみましょう。ちなみにキーボードの上の方にある F5 キーを押す事でも実行ができます。
文字が表示されましたか?

今回覚えるのは

mes

と言う命令です。
mes は画面に文字を表示する命令で、表示したい文字を " と " で囲む事で文を表示します。" はダブルクォートまたはダブルクォーテーションと言って キーボードの Shift キーを押しながらキーボード左上にある数字の2のキーを押すことで表示できます。

それから HSP の命令の後ろには 必ずスペースを入れないといけません 入れないと HSP にはどこまでが命令の名前かが分からなくなってしまいます。もしもスペースを入れ忘れると、エラーがでてプログラムは実行できません。
スペースは何個あってもいいのですが、沢山入れてもプログラムが見づらくなるだけなので普通は1個あれば十分です。

見やすさについでにもう一つ。mes の左側にスペースが開いていますね、正確にはスペースではなくタブと言う物を入れてあります。
このわざと一番左側に空白を入れて行全体をまるごとずらす事をインデントと言います。インデントはプログラムの動作には全く関係のないものですが、プログラムを見やすくするという効果があります。もちろんスペースを何個か入れてタブの代わりにしてもOKです。いまいちありがたみが分からないかも知れませんが とりあえず積極的に使って見てください。タブはキーボード左の方にある Tab キーで入力することが出来ます。

HSPプログラムは左から右、上から下へ順番に実行されて行き、一番下に来た所で停止します。ですので命令は改行しながら、いくつでも続けて書くことができます。

mes "ねここしゃ~ん♪"
mes "ねここしゃ~ん♪"
mes "ここにゃ何もありゃしない♪"

<実行結果>
20070709200906.png
まあ内容はきにしないで、1つずつ順番に実行されていくって事だけ覚えてください。

mes 命令は文字だけでなく数値も表示でます。
「何を当たり前なことを? mes "100" でしょ?」
と思うかも知れませんがこういう事です。

mes 100

<実行結果>
mozi3.png
結果は一緒じゃん!!(`へ´)/ビシ!って
実は一緒じゃないのです。
これは数値を表示しています。

いまいち良く分からないと思うので、これを実行してみて下さい。

mes "100 + 100"
mes 100 + 100

<実行結果>
mozi4.png
"" で囲んだ物は文字なので計算できていませんね、囲んでないものは数値なので計算できています。どうでしょう?なぜ文字と数値を分けて言っていたのかが分かったと思います。
mes は簡単な命令ですが、意外と奥くが深いでしょう? そうでもない?
これで簡単な計算機代わりに HSP が使えますね、え?何のためにって?プログラムを書いて計算してるなんて周りから見たら何だかカッコいいでしょ?(☆‿☆)オイオイ

ちなみに + 記号の横にスペースを入れていますが、これもさっきと同じ理由で見やすさのために入れています。+ だけじゃなく他の計算記号にも同じ様にスペースを入れると見やすくて良いですよ。

マイナスの計算もできます。

mes -50 + 20

さらに掛け算も割り算も自由自在です。
しかしプログラミングでの 掛け算 と 割り算 の記号は少し特殊で次のようになっています。
× = * (掛ける)
÷ = / (割る)

mes 200 / 2 + 20 * 5 - 100

<実行結果>
mozi5.png
HSP2までは左から順に計算していくだけでしたが、HSP3になって計算順位が適用される様になりました。
ですので 掛け算 と 割り算 を先に計算して後から 足し算 と 引き算 が計算されます
こゆこと↓
200 / 2 + 20 * 5 - 100
  ↓
200 / 2 = 100
20 * 5 = 100
  ↓
100 + 100 = 200
  ↓
200 - 100 = 100
答え 100 (HSP2で実行すると全て左から計算するので500になります。)
計算に括弧を使うことも出来るので、足し算、引き算 を先に計算させることも出来ます。

mes 200 / (2 + 20) * (5 - 100)

実行結果>
mozi6.png
答えは -855 になります。
--------------------------
さっきの
 200 / 2 + 20 * 5 - 100

 ((200 / 2) + (20 * 5)) - 100
と書くのと同じです
--------------------------


今回はウィンドウへの表示と言う事で思いつくままに書いてみましたが伝わりましたでしょうか?
ではまた次回で。
関連記事

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。