AX

電霊ログ

私のやってるサイト、電子の言霊の活動ログ

カテゴリークラウド

タグリスト

最近のトラックバック

月別アーカイブ(タブ)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [HSP超入門] 文字表示2

前回 mes 命令の説明で + を使って数値を足し算しました、
実は文字も + を使って加算する事が出来ます。
と言っても文字の加算てどういうこと?と思うかもしれません
では実行して見てみましょう
「例」

mes "HSP" + "プログラミング"

<実行結果>
mozi2_1.png

どうでしょう 想像どうりでしたか?
数値の加算とは違って文字の加算は、文字同士をつなぎ合わせます、簡単ですね!なんの役に立つか分からないかも知れませんが、後々便利に使えるので覚えておいて下さい。


これまでは簡単に文字と書いていましたが、本当は連なった文字の事を文字列と言います。
日常の会話では、文字でも文字列でも意味は伝わりますが、プログラミングの世界では伝わらない事があります。それは文字と文字列は違う物として扱われているからです。これ以降はここでも、連なった文字のことを文字列と書いていきます。とは言うものの今は「そういうものか~」と思ってくれれば良いです。


文字を表示していて、もっと他の色で表示出来ないのか?大きさは変えられないのか?好きな場所に表示出来ないのか?と思ったでしょう、次はその事を説明します。

と、その前に、
パラメーターについて説明していなかったので、ここで説明しておきましょう。

パラメーターとは命令に渡すデータのことです、
mes 命令なら "あいうえお" や 100 + 100 がパラメーターになります。
命令によって渡すパラメーターの数が違い、1つだったり、2つだったり、3つだったり、もっと多かったりしますが、中にはパラメーターの無い命令もあります。

命令 パラメーター1 , パラメーター2 , パラメーター3 ...

このようにパラメーターが複数ある場合パラメーター同士を ,(カンマ)で区切りながら指定します(パラメーターの事を引数(ひきすう)と呼ぶこともあります)。


では本題に戻って・・・
まずは文字の大きさを変えてみましょう。

文字の大きさやスタイルを変えるには、
font 命令を使います。
「例」

font "MS ゴシック",32,0
mes "少し大きめに表示"

<実行結果>
mozi2_2.png

この命令は文字の見た目を設定します、
パラメーターは3つで、左から フォント名、大きさ、スタイル です。

フォント名に "MS ゴシック" と指定していますが
ここには他にウィンドウズのメモ帳の 書式 >フォント で表示されるフォント名が使用できます。

その次の 32 は文字の大きさです
このパラメーターの数値を大きくすれば文字も大きくなります。

最後の 0 はフォントのスタイルで、スタイルとは太字とか斜体とかの事です
このパラメーターは少し変わっていて決まった数値を指定すると文字のスタイルが設定できます。
 1  = 太文字
 2 = イタリック体
 4 = 下線
 8 = 打ち消し線
 16 = アンチエイリアス
太字にしたい時は1を、斜体にしたい時は2を、太字と斜体を両方使いたい時は1+2(3でもOK)を指定します(font "" の様に省略してもエラーは出ませんがフォント名が良く分からないものになります)。

次は文字の色を変えて見ましょう。
色を変えるには color 命令を使います。
「例」

color 0,0,255
mes "色を変えて表示"

<実行結果>
mozi2_3.png

color命令のパラメーターは3つで、左から 赤、緑、青 の順で色の明るさをそれぞれ指定します、明るさは0~255までの256段階で、0が一番暗く 255が一番明るくなります。
上の例では、赤=0、緑=0、青=255 で青色が表示れるということですね、組み合わせによってどんな色になるのか色々試しておくといいですよ!色だけに。

次は好きな場所に表示して見ましょう
文字の表示位置を指定するには、pos 命令を使います。
「例」

pos 100,60
mes "好きな位置に表示"

<実行結果>
mozi2_4.png

pos 命令のパラメーターは2つで、左から X座標(横座標)、Y座標(縦座標)です。
横座標とはウィンドウの左端から、どれだけ離れているかをあらわす数値で、縦座標は上端からどれだけ離れているかです。
ここで言う座標の単位はピクセルという物で、何ドット目にあるかを表しています。詳しくはインターネットで ピクセルとは で検索してみて下さい。
上の例では 左から100ドット、上から60ドット 数えた場所に表示されます。


最後に今回覚えた3つの命令
font
color
pos
全てを組み合わせて終わりにしましょう。
「例」

font "",28
color 255,0,0
pos 50,40
mes "組みあわせて"

font "",45
color 0,255,255
pos 260,50
mes "表示。"

<実行結果>
mozi2_5.png

今回で文字関係は一通り終りましたので、
次回は変数をやってみましょう。
では。
関連記事

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。